だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

ドラマ、映画

「だいすけ」のお薦め映画(2)「歩いても歩いても」

投稿日:2016年11月17日 更新日:

スポンサーリンク

「だいすけ」のお薦め映画シリーズ第2弾は「歩いても歩いても」。

2008年の日本映画。監督は是枝裕和、「だいすけ」が好きな監督の一人です。

WOWOWで録画したものを2回みました。

次男夫婦(阿部寛、夏川結衣)、長女夫婦(YOU、高橋和也)とそれぞれの孫たちが、亡くなった長男の命日に、実家(原田芳雄、樹木希林)に里帰りする一泊二日の様子を描いた映画。

言ってみれば、たったそれだけのストーリー。

長男が海で溺れた見知らぬ子供を助けて若くして亡くなった、
次男(阿部寛)は、前の夫と死に別れた子連れの女性(夏川結衣)と結婚、
という以外は、ごく普通の家族。

だけど、普通なところが面白い。

父と息子、
母と息子、娘
母と姑
長女と長男
そして年老いた夫婦の関係、
どれもリアル。

「あ、なんかこの感じわかるな」って。

ラストシーンもなかなか良かった。

きっと、父・母・息子・娘・嫁、どういう立場の人が見ても楽しめる映画。

そして、こういう映画を観ると、ちょっとは親孝行しなきゃいけないな、って思うんですが、これがなかなか出来ないのが長男と親の関係。

次男(阿部寛)は失業中という設定ですが、「だいすけ」が会社辞めて、両親、言葉では何も言わなかったけど、心配かけたのかな? なんて思ったりもします。

思わず笑ってしまったセリフ、

孫が”おばあちゃんち”と言うのを聞いたお爺ちゃん(原田芳雄)が、

この家は俺が働いて建てたんだぞ。

わかる、男の気持ち!

やっぱり、こういうホームドラマっぽい映画が一番好きだな。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-ドラマ、映画

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.