だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

資産運用・投資・IPO

慎重な投資スタンスを継続。50代の投資は機会損失よりも高値掴みを避ける方を優先。

投稿日:

スポンサーリンク

米国株式を筆頭に堅調な相場が続いていますが、「だいすけ」の資産運用は依然、慎重なスタンスを崩していません。

最近の投資は、目標としているアセットアロケーションに近づけるため、iDeCo内にある定期預金を、多少下がってきた新興国株式にスイッチングするのがメイン。

それに、若干の追加投資も行っていますが金額的には微々たるもの。

ただ、既に所有しているリスク資産の売却は行っていませんし、当面行う予定もありません。

 

これが30代、40代であれば、相場がどうであろうが毎月定額を積立ていくべきかと思いますが、50代にもなると、そういう訳にはいきません。

もし、リーマン・ショック級の大暴落が来た時、それをリカバリーするだけの余力(=時間・追加資金)がない50代以降は、大暴落に耐え、そして相場から退場とならないよう投資準備資金(資産の中で投資に回せる資金)を確保しておくのも重要な事かと。

勿論、今後も堅調な相場が続けば大きな機会損失となりますが、それでも結構。

それより、高値掴みを避け、より安全な運用を優先すべきだと考えています。

50代からの投資は欲張らない事。

これから一発大儲けしようという訳ではなく、ちょっとだけ豊かな生活を求める為、そしてインフレ+αのリターンを目標とする投資なので、そこそこでいいんです。

そして、個人投資家にとって「持たざるリスク」なんて考える必要がないんです。(「投資賢者の心理学」大江秀樹著 より)

 

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-資産運用・投資・IPO

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.