だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

お金のはなし

老後キャッシュフローを2018年版に更新。さらに長生きできるようになりましたが・・・

投稿日:2018年1月9日 更新日:

アーリーリタイアして4年目。

「だいすけ」の将来の資産の推移を計算し、今の資産で何歳まで生活できるかが一目でわかる老後キャッシュフローを2018年版に更新しました。

昨年の結果は↓。

 

2018年版での結果は?

3通りの生活パターンで計算していますが、昨年の結果では、今の資産で生活できる最大寿命は、

「ゆとり版」84歳

「節約版」96歳

「超節約版」100歳オーバー

となっていました。

ただ、あくまでも夫婦2人とも、死ぬまで自宅で普通に暮らせるという前提です。

さて、2018年版の結果は、

「ゆとり版」87歳 (前年比 +3歳)

「節約版」99歳  (前年比 +3歳)

「超節約版」100歳オーバー

と、2017年初頭の計算より3歳長生きできる事になりました。

因みに、今の実際の生活は節約版と超節約版の間ぐらいです。

最大生存寿命が延びた理由

2017年初頭の資産額に対して、子供教育費(主に学費)などを入れても100万円ぐらいしか減っていない事が最大の要因。

これは、

  • 資産運用が好調だった事
  • 今年もインフレが起きなかった事 (若干インフレ傾向にはありますが支出自体は変わっていない)

そして、大きいのは、

  • 奥さんの扶養家族になり社会保険料が不要になった事

です。これだけで30万円程度節約出来ています。

だけど有料老人ホームにはまだまだ手が届かない・・・

普通に生活していく分には、まあ今後余程の事がない限り大丈夫だと確信。

だけど、将来、有料老人ホームに入るには、まだまだ足りない!

何も好き好んで老人ホームなんかに入りたい訳じゃないですが、将来、子どもに面倒をかけないというのが、最後の親の務め。

その為には、もっと資産が必要。

今後の生活は?

まあ、だけど、割と楽観的に考えています。

運用が昨年のように順調に行くとは全く思ってませんが、一方で、毎年2%のインフレが数十年も続くなんて事も有り得ないんじゃないかと・・・(老後キャッシュフローではインフレ2%前提で計算)

過度な節約はしないけど、そこそこの節約ライフを続ければ何とかなるんじゃないかな!

そして無謀な投資もしない。

無リスク資産で最低限の生活費を確保した上で、余剰資金で投資するというスタイルは変えません。

 

ところで、多くのリタイアブログがありますが、老後の事、自分一人で生活できない状態になった時にどうするか、って記事を見た事がありません。

皆さん、どう考えてるのかな?

有料老人ホームに入るだけの十分な資産を持っている?

それとも、いざとなれば、行政がなんとかしてくれると楽観視?

まあ、運良く、最期まで自宅で暮らせるような老後だったらいいけど・・・

 

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-お金のはなし

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.