だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

「お金のはなし」 一覧

資産運用・投資・IPO

IPO「ソールドアウト」今日が上場日。9万円の儲け、だけどちょっと複雑!

2017/07/12  

先日当選したIPO(新規公開株式)「ソールドアウト」の上場日。約9万円の利益です。1回の当選、そして1日だけで9万円。当然、嬉しいのだけど、ちょっと複雑。そりゃ不労所得って楽だけど、やっぱり汗水たらして働いたお金とは違う。

資産運用・投資・IPO

久しぶりのIPO当選「ソールドアウト」

2017/07/03  

IPO(新規上場株式)、昨年のJR九州以来46戦目にして久しぶりの当選。今年初めてです。銘柄はソウルドアウト。三菱UFJモルガン・スタンレー証券での当選です。きっと上がるでしょう、爆上げはないだろうけど、数万円程度の利益が出る事を期待しています。

資産運用・投資・IPO

もっと投資したいとの衝動に駆られる時があるがグッと我慢!

2017/06/28  

よそ様の投資ブログを見ていると、皆さん儲かっていそうです。そして、もっと自分も投資した方が良いかな、という衝動に駆られる時もあります。だけど、ここで我慢。投資ブログを書いている人は成功している人だけ、そしてもし大暴落が来たら消え去っていく人も多くいる事でしょう、と冷静になる。自分の投資スタンスは変えません。

お金のはなし

我が家の家計簿管理。大雑把でいいんです。

2017/06/23  

我が家の家計簿の付け方。細かい明細なんて書きません。食費・日常消耗品代、光熱費・通信費、お小遣い、保険などの固定費の4つに分けるだけ。そして、食費・日常消耗品の予算を決めておき、その範囲内だったら何を買おうが自由という管理の仕方。ただ、クレジットカードのポイントは有効に使います。

資産運用・投資・IPO

アーリーリタイア1年目の収支報告。今後も投資スタンスは変えません。

2017/06/02  

アーリーリタイアして最初の1年間の収支報告。無収入ですが、投資資産が予想以上に殖えてくれたおかげで、最終的に33万円程度のマイナスですみました。勿論、嬉しい事なのですが、だからといって、「最低限の生活資金は無リスク資産で確保する」という投資スタンスを変える事はありません。

お金のはなし

他人の懐具合を見て安心する ~「家計の金融行動に関する世論調査」~

2017/05/26  

金融広報中央委員会が公表している「家計の金融行動に関する世論調査」の2016年版(二人以上世帯)によると、金融資産保有世帯の金融資産保有額は50歳代 1,074万円、60歳代 1,500万円となります、さらに70歳代だと1,110万円(いずれも中央値)。さすがに早期退職・アーリーリタイアする方は、年金受給までの生活費を差引いたとしても、これぐらいの資産は持っている筈。

年金・健康保険

国民年金保険料が還付されました。嬉しいけど複雑・・・

2017/05/19  

奥さんの扶養者、即ち、国民年金の第3号被保険者になるべく手続を進めてきましたが、先日、前納していた国民年金保険料が還付されました。第3号被保険者になる事で、年間20万円以上の支出削減。嬉しいけど、複雑。被扶養者ってカッコ悪い!

資産運用・投資・IPO

アーリーリタイア後に投資は必要?

2017/05/15  

アーリーリタイアするのに投資は必要か、そしてアーリーリタイア後の投資は必要か、答えはNo。最低限の生活が出来る為の資産は高金利定期預金などでインフレに負けない程度の運用が出来れば良く、そして余った資産で投資を楽しむべき。

お金のはなし

50歳夫婦2人、食費72,000円、貯蓄150万円ってどういう事?

2017/04/07  

NIKKEI STYLEの「定年まであと10年 教育費「かけ過ぎ貧乏」にご用心」という記事を読みました。夫婦2人で食費72,000円、50歳で貯蓄150万円ってどういう事? これって老後破産にまっしぐらでしょう。我が家では考えられない支出。

年金・健康保険

早期退職による老齢厚生年金の減額を見積もってみます。自由を勝ち取るにはお金がかかるんです。

2017/04/05  

早期退職・アーリーリタイアすると、その後の収入が無くなるだけでなく、老齢厚生年金が大幅に削減される事も考えなくてはいけません。具体的に、いくら減額されるかを計算した結果をお見せします。早期退職で自由を勝ち取るには大きな金銭的損失を伴うのです。

年金・健康保険

「国民年金第3号被保険者資格該当通知書」が届きました。

2017/04/04  

奥さんの被扶養者になるべく手続きを進めていましたが、昨日、「国民年金第3号被保険者資格該当通知書」なるハガキが日本年金機構から送られてきました。これで正式に、健康保険、国民年金とも奥さんの被扶養者になります。早期退職すると、奥さんが働いていない場合、国民健康保険だけでなく、国民年金保険料の負担、それも夫婦2人で、約3.3万円の支出が必要になる事をお忘れなく。

年金・健康保険

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者資格変更、間に合うはずがない制度の不具合。怒り!

2017/03/28  

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者資格変更。被扶養者になると第1号被保険者から第3号被保険者になる手続きが必要です。しかし手続きが間に合わず還付手数料を取られる羽目に。そもそも、制度上、間に合うのは無理なんです。怒り!

年金・健康保険

主夫は、世間だけでなく法律でも認めてくれない。遺族補償年金・男女差別裁判のニュースを見て想う。

2017/03/08  

昨夜から今朝のニュースで、遺族補償年金、男女格差の裁判について報じられています。遺族補償年金や遺族厚生年金は、働いている妻が亡くなっても、夫が55歳以上でなければ支給されません。明らかな男女差別です。ばりばり働いている妻と専業主夫なんて認めないと言ってるとの同じです。

年金・健康保険

奥さんの社会保険の被扶養者になりました。そして、その後の手続きは。

2017/03/07  

パートしている奥さんの社会保険の被扶養者になる手続きを行っていましたが、先日、新しい健康保険証が届き、これで晴れて、「奥さんに養われている(家事をしない)主夫」となりました。被扶養者になると、国民健康保険の返却手続き、個人型確定拠出年金の手続きが必要。国民年金は自動的に処理してくれます。

年金・健康保険

奥さんの社会保険の被扶養者になります。これで立派な専業主夫。

2017/02/10  

パートしている奥さんが加入している社会保険。「だいすけ」は早期退職し、失業保険の給付が終わった後も、国民健康保険、国民年金第1号被保険者のままでしたが、つまらないプライドは捨てて、これから奥さんの被扶養者になる事にしました。これで、「だいすけ」も立派な専業主夫です。

資産運用・投資・IPO

おっさんだって、リスクのある投資をしたい、いや、おっさんだからこそリスクを取れるんです。

2017/02/08  

おっさんだって、ハイリスクの投資をしたい、いや、おっさんだからこそハイリスクの投資が出来るんです。50歳過ぎたおっさんの場合、今後、必要な生活資金の見当がつきます。それを生活防錆資金とし、残りを投資にまわせばハイリスクの投資が出来るんです。一方、若い人、今後の人生そのものがリスクで一杯。そして、いくら生活防衛資金が必要なのか、全く見当がつかないのが今の若い世代。

お金のはなし

自分にもしもの事があったら、ちゃんと奥さんは資産を引き継ぐことが出来るのだろうか?

2017/02/07  

万が一、自分にもしもの事があったら、残された奥さんは、ちゃんと資産を相続できることが出来るのだろうか、ちょっと心配。そこで、「だいすけ」が保有している口座の銀行・証券会社、そして年金関連など、名称だけでも伝えておくこと事にしました。

お金のはなし

老後破産するのは、先に支出を考え、それから収入を見る人。

2017/02/06  

支出を先に考え、それから収入を見る人、老後破産にまっしぐら。収入、あるいは貯蓄の範囲内で生活する、たったそれだけの事さえ理解すれば、そうそう老後破産なんて心配する必要はないんです。

お金のはなし

老後キャッシュフローを2017年版に更新。もっと長生きできるようになりました!

2017/01/10  

早期退職・アーリーリタイアして3年目の年を迎えます。失業給付も終わり、これからは僅かなブログ収入だけとなります。2016年の収支の計算が終わり、老後キャッシュフローを更新しました。その結果、従来は89歳までしか生きられない(=資産がなくなる)計算でしたが、更新後は一気に96歳まで生きられるようになりました。大きいのは、見込んでいたインフレが実際には起こらなかった事。

年金・健康保険

「老後破産 長寿という悪夢」を読んで想う、サラリーマンの厚生年金の有難さ。

2016/12/27  

NHKスペシャル取材班「老後破産 長寿という悪夢」(新潮社)を読んでみました。老後破産に至った、数人の例が記載されていますが、その殆どが国民年金(老齢基礎年金)だけの方。この本を読んであらためて思うのは、厚生年金の有難さ。そこそこサラリーマンをやっていた方なら、最低限の生活は出来る程度の年金が支給される事でしょう。そして、公的年金は終身年金です。長生きリスクにも対応できます。

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.