だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

早期退職、会社員時代

早期退職・アーリーリタイアを考えている方へ(1)「ふつう」でない事への不安。

投稿日:2016年9月12日 更新日:

早期退職やアーリーリタイアを考えてる方も多いかと思いますが、実際に踏み切るのはちょっと勇気(?)がいりますよね。

「だいすけ」は、思い切って、というか勢いで早期退職しましたが、退職から1年半近くたとうとしている今、早期退職に躊躇する理由を「だいすけ」なりに考え、そして自問自答してみました。

会社を辞める理由がない、仕事が生きがい。

当然、こういう方もいらっしゃると思います、というか、こういう方が多いのかな。勿論、そういう方は、会社が許す限り、仕事がある限り、働くのが幸せだと思いますし、「だいすけ」は、そういう生き方を否定するつもりは全くありません。「だいすけ」自身も、ちょっと前まではそう思ってましたし、今でも、仕事そのものはやりたいと思っています。会社という組織に縛られない仕事だったらという条件付きですが。

ただ、このブログを訪れて頂いた方の多くが、何かしらの事情があって、早期退職を考えている、もしくは将来そうしたいと思っている方かと思います。

「ふつう」でない事への不安、罪悪感

サラリーマンやっていると、60歳の定年、さらに最近では定年延長とかで年金受給できる65歳まで働くのが普通ですよね。

人間、「ふつう」でいるのが一番安心

「ふつう」だったら、家族を含め誰に文句言われることもないし、世間体的にも問題ない。

「ふつう」にしていれば、きっと、老後、お金に困る事もなく、「ふつう」の暮らしが出来るだろう。

この「ふつう」の人生から外れる決断をするには、やっぱり勇気がいりますよね。

「だいすけ」の場合

「だいすけ」も早期退職を決断する時、多少は迷いましたが、その最大の理由は、これだった気がします。

実際に、退職して、ちょっと経った頃から、「ふつう」でない自分に、「普通の人は働いている時に、俺は、こんなぐーたらな生活やってていいのかな?」という罪悪感みたいなものを感じるようになりました。

だけど、「ふつう」って何でしょう? 

バリバリに仕事を頑張る人、そこそこ働いて趣味に生きる人、

結婚している人、独身の人、

子供がいる人、いない人、

いろいろな生き方があります。

お金の面でも、みんな収入は違いますし、そもそも生活費だって違います。

それぞれの生き方があって「ふつう」なんて存在しません。

それなのに、仕事を辞める時だけは、60歳(もしくは65歳)って決まっている、これって変じゃないの? と思うようになりました。

こう思う事で、「ふつう」でない事への不安が薄らいできたような気がします。

まだ、完全にこの不安・罪悪感が消えたわけではないですが、今は、この「ふつう」じゃない選択をしてしまった人生、どうやって楽しみ、充実していけるかを考えるような余裕も多少は出てきたかな。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-早期退職、会社員時代

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.