だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

ドラマ、映画

「だいすけ」のお薦め映画(1)「はなちゃんのみそ汁」

投稿日:2016年11月8日 更新日:

スポンサーリンク

「だいすけ」の趣味の一つが映画。

といっても劇場ではなく、自宅のテレビでWOWOW、スカパー「日本映画専門チャンネル」を録画して、コーラとポップコーン片手に、のんびりと見ています。

だから、最新作ではなく、1年以上たった映画が殆どです。

好きなジャンルは、邦画でヒューマンドラマ・社会派ドラマ、そして恋愛もの。ちょっと現実離れしたストーリーや、あまりにもコメディーぽすぎるもの、そして何を描きたいのかよく分からない難しいテーマの映画は苦手です。

洋画もたまに見ますが、外人って、みんな同じ顔に見えちゃって俳優の顔をなかなか覚えられないんですよね。だからちょっと苦手。ただ、アクションものだけは洋画の方が多いかな、やっぱりスケールが違いますし。

そんな「だいすけ」が見てきた映画でお勧めのものをを、このブログで紹介していこうと思っています。ネタバレしないよう気を付けて書きます。

その第1弾は、先週見た「はなちゃんのみそ汁」。

はなちゃんのみそ汁

2015年 日本映画

安武千恵(広末涼子)、夫で新聞記者の安武信吾(滝藤賢一)、その娘、はなちゃんこと安武はな(赤松えみな)の家族の闘病物語。

乳がんを発症した千恵。手術で治癒し、その後、諦めかけていた妊娠が発覚、はなが生まれる。しばらくは幸せな生活を送っていたが、その後、再発。。。

映画の冒頭を見ただけだと、なんだコメディー映画かと思ってしまいましたが、全然違いました。

ちょっとユーモラスな夫婦に博多弁、そしてはなちゃんが作るみそ汁、とても悲しく辛い物語なのですが、なんだか温かみを感じます。

広末涼子と遠藤賢一が夫婦役、いっけん不釣合いな感じもしますが、遠藤賢一がいい味出してます。

民間療法が出てくるのはどうかと思いましたが、食事が健康の基本というのはその通りですね。

久しぶりに感動した映画です。温かいみそ汁を飲みたくなります。

最後に最も印象に残ったセリフを一つ。

人生7割やもん、そう考えたら私の人生かなりいけとるよね。

~知恵の台詞~

 

「だいすけ」のサラリーマン生活も7割どころか8割以上過ごしたし、もう十分働いたかな。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-ドラマ、映画

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.