だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

年金・健康保険

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者資格変更、間に合うはずがない制度の不具合。怒り!

投稿日:2017年3月28日 更新日:

先月から「だいすけ」は奥さんの被扶養者となりました。

そして、その手続きの一つとして、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者資格変更を行わなければなりません。

今までは第1号被保険者(自分で国民年金を納めている)でしたので、iDeCoの最大拠出額は68,000円(「だいすけ」の場合は、付加年金も納めていましたので67,000円)

それが第3号被保険者(要は被扶養者)になると、iDeCo最大拠出額が23,000円と減額されます。

その為の手続きです。

スポンサーリンク

加入者資格変更が間に合わなかった。

「だいすけ」の奥さんがパート先の会社に必要書類を提出したのが2月中旬。

健康保険証の方は3月上旬に送られてきました。

一方、年金が、どうなったかの通知はありません。

「だいすけ」の場合、国民年金の前納を行っていたので、それが還付されるという書類がやがて届くはずですが、まだ来ていません。

国民年金事務所にも電話で確認しましたが、まだ変更の処理はされていませんとの事。

このまま待っていては間に合わなくなると思い、健康保険が切り替わった日に、同時に年金も第3号に変更されただろうと信じて、3月中旬にiDeCoの加入先である楽天証券に加入者被保険者種別変更届を提出しました。

*この変更届には、資格変更日も記入しなければなりません。

しかし、昨日がiDeCoの引落日だったのですが、今までと同じく67,000円が引き落とされていました。

もし、第3号被保険者に変更されたのが、健康保険と同じく2月だったとすると、3月27日に引き落とされるのは23,000円でないといけません。

*iDeCoの引落は、2月分が3月に引き落とされます。

という事は、結局、手続きが間に合わず、限度額以上の引落がされてしまった事になります。

これは後日還付されます。ただ還付されるだけなら大した問題ではないのですが、還付に伴い手数料が取られます。

楽天証券の場合、還付手数料 国民年金連合会に1,029円、信託銀行に432円の計1,461円です。楽天証券の手数料はありませんので、これが最も安い場合です。

例えば、SBI証券の場合だと、SBI証券の取り分648円が加わり合計2,109円となります。

 

制度上、間に合わないシステムになっている。

それでは、間に合うためには、どうすれば良かったのでしょうか?

2月中旬に奥さんがパート先の会社に書類を提出したと同時に、iDeCoの金融機関に加入者被保険者種別変更届を出せば良かったのでしょうか?

健康保険組合で審査がある訳で、必ずしも認められるとは限りませんし、単純な書類の不備があるかもしれません。そして、資格変更日がいつなのかもよく分かりません。

そんな状態でも、仮に、2月中旬に加入者被保険者種別変更届を提出したとしましょう。

3月の引落に間に合わせるためには、2月中に手続きが完了する必要があります。

加入している金融機関が受取、処理、そして国民年金連合会での処理まで合わせると、とても2月中に間に合うとは思えません。

このように、パート先の会社(健康保険組合)から認められる前に提出したとしても間に合わないのです

まして、ちゃんと認められた事を確認してから提出していたら間に合うはずがありません。

もし、間に合う可能性があるとしたら、月の始めに奥さんの会社の手続き開始、そして、その健康保険組合に、直接、いつ変わりますかと、しつこく確認。確認終了後、すぐに金融機関に手続き開始かな。それでも、今は金融機関も国民年金連合会も事務処理混んでいるだろうから間に合うかどうか疑問。

国民年金連合会にも電話しましたが、「お客様のおっしゃる事はわかりますが、制度上・・・」という説明。まあ、国民年金連合会の一担当者にクレームを言っても始まりませんので、電話は制度の確認だけで終わりましたが。。。

怒り!

制度上、問題があるんです

 

たった1,461円、されど1,461円。

1461円、ブログで収益を上げるのに、どれだけ苦労するか、お役人には分かんないだろうな。

p.s. どうしても還付手数料を取られないようにするには、そもそも、引き落とされないように、引き落とし口座の残高を拠出額以下にしておけば良いそうです(By 楽天証券)。だけど、「だいすけ」の場合、クレジットカードの引き落としと同じ口座だったので残高を減らすことは出来ませんでした。

[PR]運営管理機関手数料無料の楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)。申込は↓

 

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-年金・健康保険

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.