だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

生活

アーリーリタイアしたからこそ、無駄に過ごす時間、日があってもいいじゃないですか。

投稿日:2017年8月27日 更新日:

スポンサーリンク

ブログ書きという「仕事」、そしてテニスや映画と毎日を忙しく過ごしている「だいすけ」ですが、それでも、たまには、

あーなんか、やる気でないなぁ!

と、一日、仕事するわけでもなく、

かといって映画を観たり、本を読んだりと趣味を楽しむわけでもなく、

ただ、ネットやTwitterを眺めて過ごす時間・日もあったりします。

そんな1日を過ごすと、

結局今日は何もしなかったな、もったいない事したな、

なんて後悔したりもします。

 

だけど、これでも良いのかな。

幼稚園(5歳?)から、一昨年、早期退職するまで、50年近くも、ずっと時間に拘束された生活を強いられてきたんです。

折角、アーリーリタイアして手に入れた自由なのですから、

別に、毎日を有意義に過ごす必要なんてないんです。

だらけた日があってもいいじゃないですか。

(↑の記事で書いている、ただの「だらけた生活」もたまにはあってはいいかなと考え方が変わってきました。)

 

50を過ぎると、残された寿命、特に健康寿命なんて後、20年、いや、もっと少ないかもしれません。

充実した毎日を送らないといけない、

特に、普通に定年まで働くより多く手に入れた時間、これを無駄に過ごしちゃアーリーリタイアした意味がない、

なんて、今までは考えていました。

だけど、変に肩肘張って考える事無いのかな、

もっと自由になればいい、

こんなふうに考えられるようになったのは最近。

こう思えるようになった事で、気持が軽くなったような気がします。

 

これからアーリーリタイアしようとしている方、

あれをやろう、これもやろう、

と、いろいろ考えている事でしょう。

確かに、何の目的、楽しみ、生きがいもないまま、有り余る時間を過ごすのは苦痛でしかありません。

だけで、それが、「しなくてはならない」ものになったら、もう、それはサラリーマンと同じです。

だらけた一日を過ごすのもまた一つの楽しみと、ちょっと力を抜いてみてはどうでしょう?

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-生活

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.