だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

早期退職、会社員時代

アーリーリタイアって、ただのなまけもの? いや、結構、真面目過ぎて不器用な人が多いんじゃないかな?

投稿日:2017年7月11日 更新日:

スポンサーリンク

60歳、いや最近は65歳まで働くのが「ふつう」。

そして、自由を求めて「ふつう」である事を自ら放棄するのがアーリーリタイア

「ふつう」の世間から見れば、

「お金持ちで羨ましい事」

といいつつも、

「まだ若いのにブラブラして、しょうもない奴」

と思われている事でしょう。

言ってみれば、ただの怠け者ですね。

意外と真面目、そして不器用な人が多いのかもしれない。

だけど、多くのリタイアブログを読ませて頂いて思うのですが、結構、真面目な人、いや真面目すぎる人、そして不器用な人が多いんじゃないかと。

(勿論、投資等で成功して十分な資産を築き、働くのがバカらしくなってリタイアしたって方もいますが)

どんな会社でも、要領のいい人っていますよね。

うまい事仕事をこなしているように見えるが、実は、周りの人に仕事を振っている、

定時になったらさっさと帰る、

それでも仕事が出来る人間に思われる、

だから上司からも気に入られる、

それなりに出世してストレスが溜まる事もない、

そして、何の疑問を抱く事もなく、定年まで働く。

 

まあ、羨ましい限りですが、世の中、こういう人ばかりではありません。

自分の仕事は自分だけでこなそうとする、そして他人に頼る事が下手、

出来なければ、自分の責任だと感じてしまう、

上司からの印象も悪い、

そして、こんな会社に縛られ、会社の為に自分を犠牲にする人生に疑問を感じ、アーリーリタイアという道を考えるようになる。

ただの怠け者ではないんです。

真面目すぎるぐらい真面目なんです。

ちょっと不器用で、会社という組織にうまく馴染むことが出来ない、組織の中で要領よく生きることが出来ないから、アーリーリタイアという道を選択する場合もあるんです。

かくいう「だいすけ」も、自分でいうのもなんですが、結構、真面目なんです。勿論、怠け者の血も多少混ざっていますが。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-早期退職、会社員時代

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.