だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

早期退職、会社員時代

アーリーリタイアするかどうか悩んでいる方、そう焦る必要はないんじゃないですか?

投稿日:2017年8月29日 更新日:

アーリーリタイアしたい、

その為の準備(資金)は出来ている、

だけど、決断できない。

そんな方も多いかと思います。

そりゃ、そうですよね、簡単に決められる事ではありません。

今まで、「ふつう」に学校、就職と、決められたレールの上を走ってきた人生、初めて、自分の意思で、そのレールから外れる決断をするのですから。

特に50代(40代後半もかな?)ともなると、一度会社を辞めると、もう二度と同じような仕事、待遇で再就職出来る可能性は小さくなりますし。

 

アーリーリタイアを焦って決断する必要はありません。

勿論、早く辞めなければならない特別な事情、例えば、ブラックだったり、肉体的・精神的に追い詰められている場合や、今の仕事以外にやりたい事がある場合等は別ですが、そうでないなら、じっくりリタイアするタイミングを待つのも一つの方法かと。

既にリタイアする為の資金を確保しているのですから、嫌になったらいつでも辞められるんです。そう思うだけでも、気持ちが楽になりませんか?

もはや、会社に雇ってもらっているのではなく、会社にいてやってるんです。

リストラや転勤だった恐れる必要はありません。

そして、1カ月、1年でも長く働く、いや、働かなくてもサラリーマンでいる事で、さらに、リタイア後の生活が豊かになるのです。

こうやってブログ書きなんてやっていると、1カ月の給料の有難味というか、すごさが実感出来ます。

そして、もし、そのままタイミングを逸して、結局、定年まで働く事になったとしても、それはそれで結構な事だと思います。

 

なんて、アーリーリタイアした「だいすけ」が言うのも変かもしれませんが、私の場合は、ちょうど、そのタイミング・きっかけがあったからこそ早期退職を決断出来たんです。

  • ちょっと仕事がつまらないと感じるようになってきた。
  • 子供が高校を卒業。
  • 転勤の可能性が高くなってきた。

そして、とどめは、

  • 早期希望退職募集(割増退職金)

きっと、この早期退職募集がなかったら、今も、真面目に(いや適当に)サラリーマンやってたかもしれません。

どっちが良かったかはわかりません。

とにかく、早期退職・アーリーリタイアを決断するのに焦る事はありません。

準備だけは万全に、後は、そのタイミングを待つだけです。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-早期退職、会社員時代

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.