だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

ドラマ、映画

2017年冬ドラマ「カルテット」を見て想う、「ちょうどいい場所」。

投稿日:2017年3月14日 更新日:

2017年冬ドラマ、「カルテット」(TBS系列 火曜22:00~)

ひょんな事から同居生活を始め、カルテット(弦楽四重奏)を組む真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、家森(高橋一生)、別府(松田龍平)の4人組。

ストーリーよりも、それぞれの他愛もない会話、セリフが面白いドラマです。

先週3月7日の放送で、別府が言ったセリフ、

みんながみんな向上心持つ必要無いと思います。
みんながみんなお金持ち目指している訳じゃないし、
みんながみんな競争している訳じゃないし、
一人一人ちょうどいい場所って、あるんだと思います。

 

「ちょうどいい場所」が、より「心地よい場所」になれば幸せ

早期退職・アーリーリタイアした「だいすけ」にとって、グッとくるセリフです。

競争に勝ち抜き出世、そして多くの収入を得る、

多くのサラリーマンが目指している道だと思います。

この道からちょっと外れた生き方がアーリーリタイア。

管理職になる事を断り、高収入を得る事も諦めた「だいすけ」ですが、それより、「ちょうどいい場所」が他にあった、たったそれだけの事なんです。

「ちょうどいい場所」が会社という方は、それはそれで幸せな事だと思います。

だけど、たまたま、それが会社・仕事じゃなかったとしても、別に不幸な事ではないんです。

「ちょうどいい場所」が、「より心地よい場所」になるよう努力すればいいんです。

勿論、努力なんかしなくても「ちょうどいい場所」=「より心地よい場所」になれば、こんな楽な事はないのですが、「だいすけ」の場合、ちょっと努力が必要かな。

何もしなくても確かに「楽な場所」ではあるのですが、まだ「より心地よい場所」とは言えない気がしています。

そんな事を感じながら、リタイア生活を送っている「だいすけ」でした。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-ドラマ、映画

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.