だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

年金・健康保険

「老後破産 長寿という悪夢」を読んで想う、サラリーマンの厚生年金の有難さ。

投稿日:2016年12月27日 更新日:

rougo-hasan

NHKスペシャル取材班「老後破産 長寿という悪夢」(新潮社)を読みました。

老後破産に至った、数人の例が記載されていますが、その殆どが、

年金は国民年金(老齢基礎年金)だけで、生活保護より少ない金額、

(僅かながらも)貯蓄がある、あるいは持家の為、生活保護を受けられない、

毎日の食事もまともにとれない程の貧困、

病気にかかっても、病院なんてお金が無くて行けない、そして悪化する病気、

というパターン。

これを自己責任と言ってしまえばそれまでですが、やっぱりおかしい、少ない年金でつつましい生活を送っている方が、生活保護受給者より貧困なんて。

スポンサーリンク

あらためて感じる厚生年金の有難さ

国民年金(老齢基礎年金)だけでは、満額もらえたとしても約78万円。

月額6.5万円だけです。これじゃ、いくら倹約家でも生活できるわけないですね。

夫婦二人なら13万円。家賃負担がないのであれば、ギリギリの生活なら出来るかもしれません。しかし病気にでもなったらアウト。そして、夫婦でも、やがてどちらかが先立ち一人になります。

その点、サラリーマンには老齢厚生年金があります。現役時代の収入、勤続年数により受給額は異なりますが、夫が平均的収入で40年間就業、妻専業主婦の場合で、月額 221,504円(基礎年金含む)です。(平成28年度 厚労省公表資料より) 

国民年金だけの場合(夫婦2人)に比べ約1.7倍です。しかも、国民年金と違い、厚生年金の場合、もし夫が先に亡くなったとしても遺族に3/4が支給されます。

これだけあれば、十分生活出来るレベルでしょう。

サラリーマンを、そこそこ長くやっていれば、仮に資産が少なかったとしても、年金受給年齢までをなんとかしのげば、そんなに老後破綻を心配する必要はないのかなと思います。

「だいすけ」も、早期退職・アーリーリタイアしたとはいえ、30年ちょっとサラリーマンやっていたおかげで、厚生年金を受給でき、そのおかげで老後の生活の見通しが立っています。

年金制度が将来どうなるか不安はあるけど、終身年金というのは、長生きリスクにも対応出来て安心。

nenkin-1

年金制度、支給年齢の引上げや支給額の減額等、今後、どうなっていくのか不安はあります。

だけど、急激な減額や制度変更はないだろうと、「だいすけ」は割と楽観視しています。そんな事したら、一部の富裕層を除いて、殆どの人が老後破綻になりかねません。余裕のある生活は送れなくても、何とか生きていけるだけの支給額はあると思っています、いや信じています。

そして、なにより公的年金の有難いところは終身年金である事。

必要な老後資産を考えるうえで、何歳まで生きているかというのは重要なファクター。もし、幸か不幸か長生きした場合、それだけ必要な資金は巨額になっていきます。(長生きリスク)

しかし、生きている限りもらえる終身年金、長生きリスクにも対応できます。

資産があっても安心とは言えない。

年をとると、痴呆まで至らなくても、若い時のような冷静な判断が出来なくなる可能性があります。

例えば投資。今は、リスクを十分考え、そのリスクを許容できる範囲内で投資を行っていますが、そのような判断が、老後にもちゃんと出来るでしょうか?

変に気が大きくなって、資産の大半を投資にまわし、大損なんて事も有り得ます。

あるいは、詐欺まがいの投資に手を出したり、親戚・知人の借金の保証人になって資産を失う可能性だって否定できません。

今だったら、そんなバカな事絶対にしませんが、年取った自分が、どういうふうになっているのか想像もつきません。

核家族化が進み、家族といっても、同じように年をとった妻だけです。そんな事をしようとする自分を止めてくれる人もいません。

そう、資産があるからと言って、絶対安心なんて事はないのです。

その点、公的年金は安全。年金の前借りなんて出来ませんから、詐欺や、ばかげた投資などによって大きく資産を失う事はありません。2カ月に一度、確実にもらえます。

やっぱり年金に勝る安心は無

今出来る事は、なるべく受給できる年金額を増やせるようにする事です。早期退職を考えている方、収入がなくなるだけでなく、将来の年金額も減額されることを十分考慮したうえで、判断される事をお勧めします。(って、サラリーマン辞めた奴に言われたくないですよね!)

 

今回、紹介した本です。一度読んでみて下さい。
(だけど暗い話ですので、お正月休みに読むのはやめた方がいいかな!)

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-年金・健康保険

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.