だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

ドラマ、映画

「だいすけ」のお薦め映画(6)「さいはてにて、やさしい香りと待ちながら」

投稿日:2017年2月5日 更新日:

お薦め映画シリーズ第6弾、「さいはてにて、やさしい香りと待ちながら」。

ネタバレなしです。

スポンサーリンク

さいはてにて、やさしい香りと待ちながら

2015年 日本映画

幼い頃、両親の離婚で父と離れ離れになった岬(永作博美)、父は行方不明。そんな父が残してくれた、海沿いに立つ船小屋を改装して、コーヒー店を営みながら、父の帰りを待つ岬。

近所にある元・民宿に住む母子家庭の母 絵里子(佐々木希)と、その子供たち。

子供たちを通じて、次第に仲が良くなる岬と絵里子。

永作博美、「だいすけ」が好きな女優の1人です。ちょっと気の強そうな、サバサバした感じで、この役を演じていますが、逆に、そこが、父への深い愛情を感じさせます。

そして絵里子の娘役の桜田ひより。時には子供らしさを見せながらも母親思いの娘をうまく演じてます。

ストーリー自体は、決して明るい話ではないのですが、何だか心があったかくなる、そして、おいしいコーヒーを飲みたくなる映画です。

「だいすけ」は、コーヒーの淹れ方、今まで、わりと一気にお湯を注いでいたのですが、この映画を観てから、ゆっくりと注ぐようになりました。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-ドラマ、映画

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.