だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

早期退職、会社員時代

早期退職・アーリーリタイアは「だいすけ」にとってベストチョイスではなく、セカンドチョイス。

投稿日:2017年2月19日 更新日:

前回の記事で、早期退職・アーリーリタイアに対して、ちょっと否定的というか、あまりお勧めできないような事を書きましたが、これは「だいすけ」自身が、早期退職・アーリーリタイアした事を、ベスト・チョイスとは思っていないからでもあります。

「だいすけ」にとってベスト・チョイスとは?

あくまで、「だいすけ」にとってのベスト・チョイスとは、

好きな仕事を、好きな場所で、定年まで続けられ、そして安定した収入を得られる事。

だったんです。

それじゃ、なんで早期退職したか?

「だいすけ」が長年携わってきた仕事が事業撤退となり、好きだった仕事が出来なくなり、

さらに、転勤の可能性も出てきた、

という状況の変化の中で、やむなく下した決断が早期退職・アーリーリタイアだったのです。

嫌な仕事を、遠距離通勤や単身赴任してまで、サラリーマンを続けたいとは思わなかった。そして収入がなくても、早期退職による割増退職金を加えれば、何とか生きていける貯蓄があった。

あくまで、早期退職・アーリーリタイアはベスト・チョイスではなく、セカンド・チョイスだったのです。

この辺が、会社を辞めたくて仕方なかった、早く自由になりたかった、あるいは、会社を辞めてやりたいことがある、といった理由で早期退職した方とは、ちょっと違うんだと思います。

だから、今でも、バリバリ仕事している人を見ると、羨ましいと思う事さえあります。

だけど、アーリーリタイアしたからには、その人生を楽しむ。

ベスト・チョイスで無かったからと言って、いつまでも未練たらしくしていたら、折角の自由な時間が無駄になります。

早期退職した当初は、こうやってブログを書く事も、あるいは自転車やテニスといったスポーツを楽しむ事も全く考えていませんでした。

退職後の1年間の求職活動中に、自分の中でいろいろ考え、そして、出した結論がアーリーリタイという道です。

大体、人生なんて、そうそう自分の思い通りになんてならないものだから、セカンド・チョイスでも十分。

今までも、そしてこれからも、もっと楽しんでいきます。

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-早期退職、会社員時代

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.