だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

生活

無職だと保証人になれない? 無職になって初めて困った事。

投稿日:2016年8月30日 更新日:

スポンサーリンク

子供が、研修の為、1カ月間だけマンスリー・マンションを借りることになりました。

子供といっても、もう大学生なので、「だいすけ」は予算を決めるだけ。後は、自分で予算の範囲内で物件を見つけ、契約してこいと。

で、いざ、契約という時、ん、保証人の欄がある、あれ、保証人って無職でも良いのかな?

 

当たり前ですが、賃貸物件を借りるときは、普通、保証人が必要ですよね。(最近は、保証人不要や保証代行会社みたいなところもあるようですが、まだまだ一般的には保証人が必要)

今回、マンスリーマンションという事で、すっかり忘れていましたが、やはり保証人が必要との事。

保証人欄には、サインの他、勤務先・職業を記入するところがあります。(今回は収入の記入は必要ありませんでした)

無職でも保証人になれるのか、不動産屋さんに確認はしませんでしたが、やはり、無職とは書きづらい。

幸い、我が家は、奥さんがパートに出ていますので、代わりに奥さんに保証人になってもらい、無事契約出来ました。

無職になって1年とちょっと、これが初めて困った事かな。

後1年ちょっとすれば、子供も独り立ちするので(その筈、そうなってもらわなければ困る!)、その時は、マンスリーじゃなくて、普通の賃貸マンションを借りることになります。きっと今度も保証人が必要でしょう。

取りあえず、個人事業主として開業届出して、ちゃんと個人事業主と堂々と言えるようにしてた方が良いかな! 収入聞かれたら困るけど。。。

 

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-生活

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.