だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

家族

子供には、学校を卒業したら家から出て行ってもらいます。これが親として出来る最後の務め。

投稿日:2017年1月12日 更新日:

スポンサーリンク

「だいすけ」家の息子、来年4月には大学を卒業し、就職する予定です。(こういうご時世ですので、正社員として就職できるかは分かりませんが)

その時、(勤務地がどこであろうとも)息子には家を出て、一人暮らしをさせようと考えています。既に、息子にもそう伝えています。

勿論、家にいてくれた方が、親としては嬉しいし、安心も出来ます。

そして、家計にとっても、同居し、少しでも家にお金を入れてくれた方が助かります。

だけど、息子にとって何が良いのか、と考えた時、一人暮らしを経験し、全て、自分の判断・責任・そして自分のお金で生活していく事が必要と判断しました。

これが、彼自身を大きく成長させ、そして1人の大人としてやっていけるようになる最良の方法だと思っています。

「だいすけ」自身も、高校卒業後、結婚するまでの間、約10年間一人暮らしを経験しました。その間、結構、無茶苦茶な生活をした時期もありました。貰った給料も、飲み食い、遊び等で使い切り、節約や貯蓄なんて考えた事もありませんでした。だけど、結果的には、これが、その後の人生において良い経験になったかなと、今になって思います。

もう20歳すぎの大人ですから、今更、教育なんて事もないのですが、家から追い出すことが、彼に対してやれる親の最後の務めかな。

そして、自分の老後も、彼をあてにしない事。

 

勿論、息子だからこそできる事。

もし、娘、しかも、有村架純みたいな娘がいたら、絶対に家においておくし、こんな危ない社会に出したくないって思うんだろうな!

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-家族

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.