だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

資産運用・投資・IPO

インデックスファンド 信託報酬の僅かな違いって大したことない? だけど、気になるんですよね。

投稿日:

日頃、インデックス投資ブロガーとして、インデックスファンドの信託報酬や実質コスト等のニュースを発信している「だいすけ」ですが、細かい信託報酬の違いや、やれベンチマークとの乖離とか、かなり細かい点まで突っ込んで検証、そして記事にしています。

どれぐらいの方が、こういった事に興味を持ってくれるのかは分かりませんが、「だいすけ」にとっては大切な事なんです。

 

インデックスファンド 信託報酬の僅かな違いって気になる?

例えば、100万円投資して0.1%の信託報酬の違いは年間1,000円、1,000万円投資なら1万円。

これが10年ともなれば、それぞれ1万円と10万円。

実際は、複利効果でもっと差が増えるので、さすがに0.1%の違いは無視できないですね。

 

それじゃ、0.01%の違いは?

10年で1,000円(投資額100万円)と1万円(投資額1,000万円)

これぐらいになると、人によって感じ方が違ってくる事でしょう。

「だいすけ」だったら気になりますが、1万円という金額より、寧ろ気持ち的なものが大きいかな。

 

買い物と同じ感覚

話は変わりますが、一時は400円ぐらいしたキャベツが、ようやく安くなってきましたね。今は大体150円ぐらいでしょうか。

これで毎朝サラダが食べられると喜び、早速、あるスーパーで150円のキャベツを購入、

買い物の帰り、ふと別なスーパーに立ち寄ってみると、

ん、なんと145円で同じようなキャベツが売っている、

折角、気持ちよく買い物が出来たと喜んでいたのに、ものすごく損した気分になる。

たった5円なのに。

 

ファンドの信託報酬の僅かな違いも、これと似たようなところがあるかな。

後で安いものがある事がわかった時のショック。

だから信託報酬は0.01%でも安いに越したことはないし、余計な税金がかかるファンドにも投資したくない。

 

目の前に145円のキャベツがあるのに、好き好んで150円のキャベツを買わないのと同じで、

投資においても徹底的にコストに拘るんです。(どこかのファンドのキャッチコーピーですね)

確実に儲けるという保証がないものだけに、せめて気持ちよく投資したい!

 

投資に人生を賭ける事はしない、「投資を楽しむ」という主義の「だいすけ」ですが、

もう一つ「投資は気持ちよく」というのも重要。

 

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-資産運用・投資・IPO

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.