だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

生活

アーリーリタイアするとお金を使わないようになる?

投稿日:2017年5月17日 更新日:

いくつかのリタイアブログで、「アーリーリタイアするとお金を使わないようになる」、だから「生活費も現役時代より削減できる」っていう記事を読んだことがあります。

まあ、これは人により様々でしょうが、「だいすけ」の場合、決して、リタイアしたからといって出費が減るような事はありませんでした。

それは、リタイアする前から、倹約生活を送っていたから。

スポンサーリンク

食費

昼食

サラリーマン時代、外で食べていた方だったら、リタイアすると確実に減ります。家で食べると、夕食の残りや、あるいは麺類、冷凍食品でも多く見積もって200円以下。

ただ、「だいすけ」の場合、おにぎりを会社に持って行ってましたので、特にリタイアしたからと言って昼食代が減る事はありません。

飲み物

皆さん、仕事中よくベットボトルや缶コーヒーを買われますよね。

「だいすけ」は、お茶をポットで持参し、かつコーヒーはインスタント(粉コーヒー)を飲んでいました。ペットボトルなんて買うのは年に数回。

リタイアした今、コーヒーはレギュラーコーヒーに変わったので、寧ろ、飲み物代は上がっているかも。

朝食

サラリーマンの時は、慌ただしくパンとコーヒーに卵。

それが今、余裕のある朝食。準備する時間も十分あるので、サラダやヨーグルトやバナナも追加。

リタイア後の方が確実に上がっています。ただ、その分、朝食費は家計ではなく、自分のお小遣いから出すようにしました。

飲み代

早期退職前数年は会社の宴会とか殆ど出席せず、たまに気のあった同僚と飲みに行く程度。退職前後で変わりません。

お菓子

ブログという仕事を始めてから、夕方ごろに、チョコレートを2~3粒食べる習慣がついてしまいました。会社では、殆ど食べなかったのに。。。

被服費

幸い、スーツにネクタイというような会社ではなかったので、クリニング代とか掛かっていません。

退職後は、殆ど、上はTシャツやトレーナー、下はスポーツパンツみたいな感じ。そして、ちょっと近所のスーパーとかに出かける時はサンダル。後、夏の靴下やハンカチが不要になりました。

最近、服とか買っていないので、これは退職前より減ったかな。

娯楽費

サラリーマン時代の休日は殆ど家で映画鑑賞。WOWOWの視聴料がかかっています。

これは今も同じ。

ただ、退職後に始めたテニス、コート代は公営なので安いのですが、道具やウェアとかに結構お金がかかります。真夏や真冬と、季節に関係なくやっていますので、その時の気温に応じたウェアが必要。

まあ安いウェアを長く着続ければ良いのでしょうが、あまりにみすぼらしいのも嫌。リタイアしたって、外見は多少気にしなくちゃ!

その分、昼食をはさんだ時間帯でも、ちゃんと、おにぎり持参で行くし、飲み物もペットボトルなんて買わず、ポットを持参しています。

光熱費

「だいすけ」が一日中家にいる事で、確実に増える筈。

ただ昼間は夏も冬もエアコン我慢している事、そして、退職と同時に新居に引越し、節電・節水・省エネタイプの設備に変わった分で、今のところ目に見える増加は無し。

 

まとめ

こんな感じでトータルすると、少なくとも減っては無いですね、きっと若干増えています。ただ、全て「だいすけ」のお小遣いの範囲の中での話なので、家計上は当初の予定通り、増えも減りもしていません。

退職前に倹約していたら、リタイアしたって減る事はありません。さらに節約する余地はあるとはいえ、あまりけちけちした生活じゃ、リタイアした意味がない。

節約する為でなく、楽しむ為にアーリーリタイアしたのですから。

p.s. 家族の分は入っていませんが、家族は今までと変わらない生活なので支出も同じです。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-生活

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.