だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

早期退職、会社員時代

早期退職して1年半、アーリーリタイアに至った今までのまとめ(その1)

投稿日:2016年10月23日 更新日:

希望退職制度により退職して、もうすぐ1年半が経とうとしています。

漸く、会社に行かない、仕事しない、そして収入のない自分を、自分自身で認められるようになった気がします。

さて、本ブログを見て下さる方も、ちょっとずつですが増えてきましたので、ここで、あらためて、

なぜ退職したのか、どうやってリタイア資金を貯めたのか、どうして退職と同時に家を買ったのか、また早期退職募集から今に至るまでの心境の変化などを、箇条書きでまとめてみます。

今までの本ブログのまとめみたいなものです。

*一部、未だ記事にしていない事もありますが、それらは、今後一つずつ記事にしていきます。

スポンサーリンク

なぜ、会社を辞めたのか?

  • 早期希望退職の割増退職金を入れると、これから生活していく為の最低限の資金を確保できた。
     --> お金の為に働く必要はなくなった。

  • 仕事そのものは、そんなに嫌いな方ではなかったが、会社の体制・組織が変わり、ちょっとやりがいを無くしかけていた。
  • 転勤の可能性が出てきたが、長距離通勤や単身赴任をするのは嫌だ。

  • そもそも、人により、収入・家族構成・ライフスタイルも違うのに、定年退職という決められた年齢まで働き、そして一斉に退職するのっておかしくない?
     --> プロスポーツ選手のように引退は自分で決める。

 

よし、(退職して特にやりたいことがあるわけではないけど)辞めよう!

 

アーリーリタイアする資金をどうやって貯めた? その資産で本当に生きていける?

株、FX、不動産投資などで儲けたわけではありません。地道に定期預金などでコツコツ増やしていった結果です。

  • 安全な定期預金、個人向け国債のキャンペーンなどで地道に資産を殖やす。
    --> 少しでも高金利の定期預金を扱っている銀行を探す努力を惜しまない。

  • 地道な節約生活
     --> だけど本当に必要、欲しいものは購入。節約だけでは楽しくない。
       そのかわり、何か大きいものを買う時はとことん値切る。

  • 投資は、最低限の生活費を安全資産で確保したうえで、それ以外の資金で行う。
     --> あくまで、投資は+αのものと考える。
      もし利益が出たらもうけもの、損失を出しても仕方ないとあきらめのつく範囲で。

  • 最低限の金融リテラシーを持つ。

  • キャッシュフローを作成し、この資産でこれから生きていけるのか十分確認。

 

退職と同時にマイホーム購入

「だいすけ」は、退職を決めると同時に、マイホームを購入しました。その理由は、

  • これから収入がなくなるからこそ、住むところを確保するというのは重要。何があっても、取りあえず住む場所だけはあるという安心感。

  • 退職したら家が生活の中心。狭い賃貸マンション、一日中いると息が詰まる。少しでも広く、かつ狭くても庭のある一戸建ての方が精神的にリラックスできる。
    *「だいすけ」が購入したマイホームは、東京では一般的な一戸建てで、そんなに広くはないですが、それでも以前の賃貸マンション(3DK)よりは十分広いです。

  • 自分だけの空間(部屋)を確保できる。
    また夫婦二人で一日中家にいる事も多くなるが、お互い、それぞれの空間を確保できると言うのは重要。

  • 50代半ばで購入すると、大規模なメンテ・リフォームをしなくても(「だいすけ」が死ぬまで)建物はもつだろう。

  • 賃貸だと、今後、家賃が上がっていくインフレリスク、引っ越すにしても、老後、引っ越す気力・体力があるか不安、そもそも(事故物件になりかねない)老人に貸してくれる物件があるか?

よし、「失業者、家を買う」

今日はここまで。後は「その2」でまとめます。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-早期退職、会社員時代

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.