だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

ドラマ、映画

「だいすけ」のお薦め映画(8) 「海よりもまだ深く」

投稿日:2017年4月12日 更新日:

お薦め映画シリーズ第8弾、「海よりもまだ深く」。

ネタバレなしです。

スポンサーリンク

海よりもまだ深く

2016年 日本映画

「海街ダイアリー」等で有名な是枝裕和監督作品。

篠田良多(阿部寛)、売れない作家で興信所で探偵をしているが、実家の金目のものを盗んだりと典型的なダメな男、その母(樹木希林)、離婚した元妻 響子(真木よう子)、そして息子 真悟の家族の物語。

特に大きな出来事や事件がある訳でもなく、ただ、日常の親子・家族を描いただけなんですが、だからこそ入りこめる映画。何気ない言葉や行動に親子(母と良多、そして良多と息子)の愛を感じます。また、父親と息子の関係みたいなものも上手く描かれています。

ダメ夫の阿部寛、ちょっときつめの女性を演じる真木よう子、この元夫婦役がいいです。

印象に残ったセリフ、母(樹木希林)が良多に言った言葉。

なんで男は、今を愛せないのかね。

いつまでも無くしたものを追いかけたり、

かなわない夢を見たり、

そんな事してたら毎日楽しくないでしょう。

幸せっていうのはね、何かを諦めないと手にできないものなのよ。

 

今の「だいすけ」にとっては、グッとくるものがあります。

そう、アーリーリタイアしてしまったのが今、もうサラリーマン、エンジニアとして元に戻る事は出来ない(まあ、その気もないですが、未練が無いと言ったら嘘になる)

そして、昨日の記事のように、ちょっとネガティブな事を考えたりしてたりしたら、毎日のリタイア生活を楽しめない。

自由を手に入れる代わりに、エンジニアとしての人生を諦めた、

そう覚悟を決めないと。

 

後、何故か面白かったのが、カレーうどんを皆で食べていた時、そのカレーがだいぶ前に冷凍したものだと知った良多が嫌そうな顔をすると、

元妻 響子が、良多に、

男の人はすぐ賞味期限気にするからね。

ん、分かる。「だいすけ」も賞味期限切れたものはダメなんです。奥さんは割と平気な方ですが。

 

こういった、普通の家庭でもあるような、ちょっとした出来事、それをうまくまとめたのが、この映画。

「だいすけ」は、映画をWOWOWで見ています。
WOWOWの加入はこちらから --> WOWOW

 

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-ドラマ、映画

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.