だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

生活

都心に住みたーい! もし、早期退職しなかったら住めたかな?

投稿日:2017年6月27日 更新日:

スポンサーリンク

(先日の記事で書きましたが)結婚式・披露宴に出席する為、久しぶりに都心に出かけました。

山手線の内側です。

「だいすけ」の家から式場まで2時間程度かかりますので、ちょっとした小旅行みたいなものです。

こんな時間をかけて毎日会社に通っている方もいる訳ですが、「だいすけ」には絶対、無理!

で、最寄駅から式場まで歩いて行ったのですが、その道すがら、周りを眺めながら思ったのは、

「あー、都心に住めれば、もっと刺激的な毎日が送れるかな?」

「だいすけ」は、郊外、まあ田舎に住んでいますが、別に、自然にあふれた田舎が好きで住んでいる訳ではありません。単に、土地が安いから、今の地にマイホームを買ったのです。

勿論、自然が嫌いという訳ではありませんし、テニスコートが安く簡単に予約できるなど、田舎の良いところもあります。だけど、やっぱり都会の方が好きかな!

そして、

「早期退職しないで後7年我慢して働けば、もっと都心に近いところに住めたかな?」

さすがに、「だいすけ」の給料では、山手線の内側とは言いませんが、少なくとも、今より都心に近いところに家を買えた筈です。

だけど、もし定年まで勤めて、その都心に近いところに住めたとして、果たして満足できたでしょうか?

きっと、その時、思う事は、

「あ、出世して、もっと給料をもらってたら、もっと、もっと都心に近いところに住めたのになぁ!」

結局、人間の欲求なんてきりがないんです。十分な資産家だって、さらにお金を殖やそうとする、

1,000万円あれば、次は5,000万円、そして1億、10億・・・・

いくらになっても、満足する事はありません。

だから、定年まで勤めて、それなりの収入を得て資産を築いたとしても、結局、求める水準が上がるだけで、人生の満足度が上がるわけではないんです。

 

アーリーリタイアし、自ら収入を断つという事は、果てしない欲求に きりをつけ、その範囲内で満足レベルを上げていく事でもあります。

 

と言いつつ株価の動きを気にしてるんですから、全然、金欲にきりをつけられていないですけど!

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-生活

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.