だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

早期退職、会社員時代

今日は入社式ですね。希望に胸膨らませて入社した時もあったな。。。それがアーリーリタイアするとは思いもしなかった。

投稿日:

今日は多くの会社で入社式が行われていますね。

希望の会社・仕事じゃなく、既に辞めたいと思っている人もいるかもしれませんが、さすがに、入社早々、アーリーリタイアなんて考えている人はいないだろうなぁ。

「だいすけ」も30年以上前ですが、希望に胸膨らませて入社式に臨んだものです。

勿論、不安もありました。

まあ、一番の不安と言ったら、これから何十年も毎朝ちゃんと起きれるのかなといった、しょうもない事でしたが。(結局、30年以上サラリーマンやってて、朝起きるのに慣れることは無かった。。。)

当時、この会社で一生働くんだろうと当然のように思っていましたし、今こうしてアーリーリタイアしている自分を想像する事なんて出来ませんでした。

だけど、今振り返ると、いいサラリーマン生活だったと思います。

アーリー・リタイアする為に働いてきたわけではない。

結果的にアーリーリタイアした「だいすけ」ですが、決して、アーリーリタイアする為に働いてきたわけではありません。

また、いつも「早く辞めたい」、「こんな会社・仕事嫌だ」と思って仕事を続けていたわけでもありません。(勿論、そういう気持ちになった事もありますが)

会社という組織に縛られた生活は窮屈でもあり、嫌な事も多々あります。しかし、それ以上に会社から守られている事もありますし、何より安定した収入が保証されています。

そして、決して嫌な事ばかりではなかったです。仲間とともに一つのプロジェクトをやり遂げた時の達成感、今となっては、もう味わう事は出来ません。

勿論、こういう世の中ですから、いつリストラされるか分かりません。その為に、多少の節約と貯蓄は心がけていました。

そして、その結果、人よりちょっとだけ早くリタイア出来たんです。

決して、アーリーリタイアする為に働いてきたわけではありません。

だからこそ、いいサラリーマン人生だったと言えるんです。

リタイアする為だけに働いていたとしたら、そうは思えなかっただろうな。。。

 

まあ、これも、たまたま運が良く、ブラックな企業ではなかったからこそ言える事かもしれませんね。

今、仕事で苦しんでいる方、生活の為に働かざるを得ないんだったら、少しでも楽しく働ける仕事を見つけ転職するか、あるいは、スキルを持っているなら独立という道もあります。

逃げるは恥だが役に立つ!

「だいすけ」が一つ後悔しているのは、自分一人で生きていけるスキルを身につけなかった事。だから、転職・独立する勇気もなく、結局、会社にしがみつくしか生きていく手段が無かったんです。その会社が、そう嫌なところじゃなかったのが幸いでしたが、だからこそ、新しい道を探す努力を怠ってしまったのかな。

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-早期退職、会社員時代

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.