だいすけの早退日記

53歳で早期希望退職に応募して退職。そして1年間の求職活動の後、セミアーリーリタイア生活に突入。決して後悔はしてないけど、アーリーリタイアもそんなに楽しい事ばかりじゃない。楽しむには、これまた努力が必要。

家族

早期退職・アーリーリタイアした親父、子どもへの影響は? ~その2~ 働く、働かないではなく、もっと重要な事がある。

投稿日:2017年3月11日 更新日:

昨日書いた↓の記事、何度か自分でも読み返してみて、うーん、何かちょっと違うな、自分の本意がちゃんと伝わっていないと感じましたので、あらためて、続編として記事にします。

昨日、書いたように、

  • アーリーリタイアしたことで、金銭的な面を含め、家族に迷惑をかけてはいけない。
  • 自分の為ではなく、家族の為にも世間体って必要なもの

という考えは変わりません。あくまで、これが前提条件です。

そして、子どもが高校生、あるいは、それ以下だったら、「だいすけ」は早期退職を躊躇していた事でしょう。

だけど、

そもそも、親父が仕事しない事が、そんなに子供に影響与えるのかな? 

なんて思ったりもします。

親父が生き生きとしていれば、働く、働かないかは、あまり関係ないのかもしれません。

 

子どもに対して悪影響を与えるとすれば、

仕事が辛いとグチをこぼす、あるいは、仕事でたまったストレスで家族に八つ当たり、

そんな親父ではないでしょうか?

businessman_cry_man

こんな父親を見た子供が、自分自身の将来に対して夢を持つ事が出来るでしょうか?

それだったら、寧ろ、「働かないけど、いつも元気な親父、何かに夢中になっている親父」の方が、よっぽどましかもしれません。

pose_genki05_ojisan

 

仕事一筋で家族の事は後回し、そんな父親でも、本人が、仕事に充実感、生きがいを感じているのなら、それも有りかもしれません。(奥さんに逃げられるかもしれませんが。。。)

 

結局、

働く、働かないかではなく、
重要なのは、親父自身が、生き生きとした生活をおくっているか、
毎日を楽しんでいるか?

という事だと思います。

そして、

親父がどうであれ、

子どもは勝手に育つ!

まあ、「だいすけ」は教育論を語れるほど立派な人間ではないですが。。。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-家族

Copyright© だいすけの早退日記 , 2018 All Rights Reserved.