だいすけの早退&投資日記

50代前半で早期退職した「だいすけ」のアーリーリタイア生活と投資・資産運用(主にインデックス投資)ブログです。

資産運用・投資

【インデックス投資】バリュー平均法で今月の積立額が大幅にアップ!

投稿日:

インデックス投資で、2019年末からバリュー平均法(もどき)を実験的な意味合いを含めて採用・実施しています。

スポンサーリンク

急落時のバリュー平均法

いや、新型コロナショックとでもいうのかな、全世界の株式が急落しましたね。

まあ、急落といっても昨年の夏~秋頃の水準に戻っただけで、資産としては大した影響はないのですが、ちょっと驚いたのがバリュー平均法で計算した今月の投資額。

当たり前の事なんですが、例えば、運用額が1,000万円だったとします。

バリュー経路が利回り無の1,000万円キープとしても、株価が10%下落したら新規に100万円投資しなきゃいけないのがバリュー平均法。

一般的には(?)、3カ月毎ぐらいで新規投資額 or 売却を見直せば良いとの事ですが、私は、これを毎月行っている。

今回の急落が一時的なもので、バリュー平均法でも3カ月毎の見直しなら、そう大きな投資額の変動はないかもしれませんが、毎月だと結構大きいですね。

しかし、一度決めたルール。そう簡単に変えたら意味がない。

という事で、今月は計算された額通りの資金を投資。

因みに、バリュー平均法を始めてから、

2019年11月 売却

2019年12月   売却

2020年1月   新規購入(想定している毎月の投資額と概ね同等)

そして、今月は11月、12月の売却分を差し引いても結構大きな額になってしまいました。

 

バリュー平均法を行うには総投資額の半分以上の投資準備資金(リザーブ資金)が必要

今月は-10%程度の下落でしたが、今後リーマンショック級の暴落が来たら、投資資産が半分以下になる事も十分有りえます。

その時、それを補填する(バリュー経路に戻す)ための投資準備資金が必要なので、

少なくとも、投資額の半分以上は持ってないと駄目ですね。

幸い、私の場合、一括投資できずに持っている無リスク資産が十分あるので、まだまだ耐えらる。

 

さて、これから株価はどうなるでしょうね!

まあ、それよりも、早く新型コロナが終息して、普通の生活が送れるようになって欲しいものです。

 

スポンサーリンク

↓応援お願いします。↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

-資産運用・投資

Copyright© だいすけの早退&投資日記 , 2020 All Rights Reserved.